イケダグリーンセンター

野菜苗・種や果樹苗、多肉植物の通販・販売専用サイト|イケダグリーンセンター

アイスプラントの苗の販売ページ

商品カテゴリ

ブログ紹介

FAX注文用紙はこちらからダウンロードできます。

トップページ»  アイスプラントの育て方

アイスプラントの育て方

アイスプラント苗の予約販売開始
2017年春分の予約開始ご注文はこちら
↓↓↓ご注文はこちら↓↓↓

すぐに注文する
アイスプラントの育て方

アイスプラントの育て方
ツルナ科  マツバギク属 アイスプラント

無数の水泡を持ちみずみずしい印象とプチプチした食感で注目を集めている新感覚の野菜です。
南アフリカ原産の多肉植物で地中のミネラルを吸い上げる力がある吸塩植物と呼ばれています。
栽培適温は、25度~5度位と言われています。
日当たりの良い場所、水はけの良い場所を好みますが、高温多湿の環境を嫌います。また、寒くなるにつれて生育が緩慢になっていきます。



アイスプラントの育て方
■苗の購入はこちら→アイスプラントの苗
■種の購入はこちら→アイスプラント プチサラ

栽培のポイント

●新野菜なので栽培方法が難しいと思いがちですが、大丈夫!!実はとても丈夫で育てやすい野菜ですよ♪
●家庭菜園では、プランター栽培が手軽でオススメです!!
●苗をご購入頂いた場合、根が細いのが特徴です、少し深植えにしてあげてください。
●高温多湿を嫌います。特に夏場の栽培の場合は、直射日光を避ける為、遮光などをしてあげます。

 

植え付け

■プランター栽培の場合■
プランターに、市販の培養土をいれ、50~60cm間隔で植えつけます。
良く売られている一般的な65cmのプランターですと、2株がベストです。
植え付け後に、ハイポネックスなどの液体肥料を1000倍に薄めたものを与えてください。

■畑の場合■
畑に植え付ける場合は、化成肥料(窒素:リン酸:カリ=8:8:8)や市販の野菜の肥料などを1平方メートルに100g撒き、畑作りをしておきます。
多湿を嫌いますので、やや高畝にします。50~60cm間隔に植えてください。
また、マルチをする事をおすすめします。
夏場、日差しが強い場合は、遮光などをしてあげると良いでしょう。

水やり

土の表面が乾いたら水を与えてください。

塩水を与えよう

アイスプラントは、塩水を与えるとプチプチとした水泡が葉の裏や茎に現れます。タイミング:収穫の1週間から2週間前におこないます。アイスプラントは、吸塩作物で薄めた塩水を散布すると生育が旺盛になります。 6パーセント程度の濃度の塩水をじょうろなどを使って株の根本に与えてください。 塩水を与えて約1から2週間後ぐらいに、プチプチとした無数の水泡がアイスプラントの葉の裏と茎に現れます。

肥料

当店では、肥料は手軽に手に入る液体肥料を薦めています。
液体肥料(ハイポネックス)を指定希釈倍数に薄めたものを1週間に2~3回程度を生育の状態を見ながら与えます。

収穫

アイスプラントの花
アイスプラントの花

当店取り扱いのプチサラは、放射線状にわき芽が伸びます。
順次、わき芽をかいて収穫してください。
栽培していると、花が咲きます。
(夏暑い日が続くと花が咲くようです。)
花が咲きますと茎が硬くなり収穫は終わりとなります。
花はかわいいので観賞用としても利用できます。